Windowsのスヌープ

MS Windows用のスヌープ
Linux版はこちらから入手できます。


ダウンロード snoop.exe(137KB)
バージョン 0.34
更新しました 2015年4月21日
クレジット Microsoft ZoomInユーティリティのソースに基づいています。
接触 送ってください 
ソース snoop.0.34.zip 
ソースコードを変更した場合は、そのコピーを取得したいと思います。 ありがとう。
新しい
特徴
  バージョン0.34では:
     Retinaディスプレイの問題を修正しました(Yu-sheng ChenとKuang-Yu Panへのクレジット)。
    
  バージョン0.33では:
     Vistaでのパフォーマンスの問題を修正しました(mifanへのクレジット)。
    
  バージョン0.32では:
    最大化ボタンを有効にする。
    
  バージョン0.31では:
     Snoopは複数の構成(最大9)をサポートするようになりました。
    現在の設定を次のように保存するには、 'Shift + Fn'を使用します。 
    構成n、構成nをロードするには 'Ctrl + Fn'を押します。
    特定の設定ファイルでスヌープを開始するには、
    コマンドラインで '-fn'で起動してください。 指定なし
    どの設定を使用するかは、設定​​#1が使用されます。
    オプション '自動保存設定'は設定に保存されます
    終了時に#1。  'Backspace'を押すと、あなたの 
    設定#1をデフォルト設定に変更します。 削除するには「Del」を押してください
    すべての設定。
    
    設定はWindowsレジストリに保存されます。 削除する
    それらは、 'Start-> Run'から 'regedit'を実行します。 検索 'HKEY_CURRENT_USER
     - > Software-> snoop 'を実行し、スヌープディレクトリ全体を削除します。 
    もちろん、あなたが知っていれば設定ファイルを編集することができます
    何をしているの。  ver 0.3をダウンロードした場合は、
    レジストリを削除します。  ( 'Del'を押すとバージョン0.31になります)

  バージョン0.30では:
     'f'を押すと、手動でプログラムステータスを保存することができます。
    いつでも "編集 - >自動保存設定"を使用して自動をオンにする 
    設定保存機能を使用して、プログラムの状態
    スヌープを終了するたびに保存されます。
操作
モード
  追跡:
     1.マウスモード(m):マウスカーソルを追跡する(優先度が高い) 
                       矢印キーを押します。
     2.矢印モード(a):矢印キーによるトラック
     3.ドラッグモード:マウスの左ボタンをクリックします。 
                  スヌープウィンドウを開き、カーソルをドラッグして 
                  詮索したい 左ボタンを離した後、
                  スヌープはドラッグの前のモードに戻ります。
  フィルタ:(タブを使用して切り替える)
     1.スヌープモード(デフォルトモード)
     2.グラデーションモード(トゥルーカラー表示の場合のみ) 
  グラフ:
     1.水平ステップ強度プロファイル
     2.水平線形強度プロファイル    
     3.垂直ステップ強度プロファイル
     4.垂直線形強度プロファイル 
     5.ヒストグラム(トゥルーカラー表示のみ)  
ホットキー
  ズーム係数を変更する場合
     1-9:ズーム係数をnに設定します。
     0:ズーム係数を10に設定します。
     =:ズーム率を上げます。
     +:ズーム倍率を上げます。
     - :ズーム倍率を下げます。

  強度プロファイル設定の場合
     h:水平線形強度プロファイルを表示する。
     H:水平ステップ強度プロファイルを表示する。
     v:垂直線形強度プロファイルを見る。
     V:垂直ステップ強度プロファイルを表示する。
     o:プロフィールビューをオフにします。
     l:プロファイルビューでハイライトをオン/オフにします。

  ヒストグラムの場合:
     F4:ヒストグラムを表示する
     i:ヒストグラムのオン/オフ統計
     PgUp:ヒストグラムの高さを上げる
     PgDn:ヒストグラムの高さを減らす
    ホーム:ヒストグラムの高さをリセットする

  グラデーションの場合:
    タブ:表示モードを切り替える(スヌープまたはグラデーション)

  明るさ、コントラスト、ガンマを調整する
    押す 
     [Shift]明るさまたは
     [Ctrl]コントラストまたは
     [Shift] + [Ctrl] Gamma
    
     [PgUp]増加 
     [PgDn]減少
     [ホーム]リセット

  その他:
     a:矢印モードに切り替える 
        (矢印モードでは、矢印キーを使用してキャプチャエリアを移動します。
         Shift + '矢印キー'を押すと移動が速くなります。  Ctrl +「矢印キー」は
        その方向にデスクトップの境界にスナップします)。
     m:マウスモードに切り替えます。	
     d:表示キャプチャエリア
     s:画面座標系を使用する
     w:アクティブウィンドウ座標系を使用する
     r:ルーラーのオン/オフ
     u:キャプチャを更新する 
     y:y軸の方向を逆にする
     x:ディ​​スプレイの色を16進数で表示します。 
     b:境界テストのオン/オフ(デフォルト:オフ。
       バウンドがオフの場合はマルチモニタ)
     F1:について(ヘルプ)
     F2: '常に上に'スイッチをオン/オフ
     F3(または#):スイッチグリッドのオン/オフ
     f:現在の設定をレジストリに保存する(設定#1)
    バックスペース:リセット設定#1    
     Del:すべての設定を削除する
     q:プログラムを終了する
     [Esc]:プログラムを終了する

プログラムの引数
     -top:常にオンにする
     -notop: '常にトップに'をオフにする
     -grid: 'grid'をオンにする
     -nogrid: 'grid'をオフにする
     -ruler:ルーラーをオンにする
     -noruler:ルーラーをオフにする
     -centermark:センターマークをオンにする
     -nocentermark:センターマークをオフにする
     -highlight:強度プロファイルでハイライトをオンにする
     -nohighlight:強度プロファイルでハイライトをオフにする
     -coord xy:ウィンドウの初期位置を(x、y)に設定します。 
     -size wh:ウィンドウの初期寸法をwでwに設定する
     - シフトn:nは整数であり、
              矢印モードで高速移動ステップをn(デフォルト= 8)に設定します
     -fn:nは整数であり、
          起動時にコンフィギュレーション#nをロードする
     -  [c]:[c]はcharであり、hotket [c]で定義された関数を実行します。 
          たとえば、 'snoop -4 -h'はズーム係数を4に設定し、 
	  水平線形強度プロファイルを表示する 
	  プログラムが開始されます。
     -inversey:y軸が上がる
     -hex:色を16進数で表示する
     - 境界:境界テストをオンにします。
歴史
Ver 0.01 
09/10/00
最初のバージョンが作成されます。
Ver 0.1 
09/14/00
「矢印モード」を拡大します。 
キャプチャエリアを表示する機能を追加しました。 
スウィッチ座標系に機能を追加する。 
09/16/00 Marc Levoyが指摘しているいくつかのバグを修正しました。 
カラーブレンドを追加し、グラフにインセットします。 
コマンドラインオプションを処理します。 
定規を追加します。 
強度プロファイルのハイライトを追加します。 
-r引き数のバグを修正しました。 
Ver 0.15 
09/22/00
ヒストグラムを追加します。 
グラデーションを追加します。 
Ver 0.2 
09/22/00
明るさ、コントラスト、ガンマ調整を加える。 
勾配モードの輝度プロファイルとヒストグラムを追加します。 
Ver 0.21 
11/01/00
y軸を逆にするオプションを追加する。 
Ver 0.22 
03/18/01
Hexで色を表示するオプションを追加します。 
Ver 0.23 
04/24/01
マルチモニタで動作するように境界テストをオン/オフするオプションを追加します。 
マイケル・ワーニングのおかげで提案に感謝します。 
Ver 0.30 
07/30/02
終了する前にプログラムの状態を復元するためにレジストリを追加してください。 
Ver 0.31 
07/30/02
複数の構成をサポートします。 
Ver 0.32 
04/01/03
最大化ボタンを有効にする。 
バージョン0.33 
01/20/09
Vistaのパフォーマンスの問題を修正 
Ver 0.34 
04/21/15
網膜ディスプレイの問題を修正 
スナップショット


グラデーションモード。


ヒストグラムグラフモード。

No Comments

    Leave a reply