統一場の概要

統一場理論における対称性の保存と電荷不変性(「 四面体モデル 」)

抽象

宇宙は、(非常に)高エネルギーの自由電磁エネルギーで始まります。 光は知られている最も純粋で、最も単純で最も対称的なエネルギー形式です(無質量、時代を超越した、無電荷)。 しかし、明らかにこれを防ぐ十分な理由はない – 光はまた、対称粒子 – 反粒子対の代替形態で存在し、通常は単に消滅し、光に戻る。 しかし、消滅させる代わりに、対称粒子 – 対粒子対の光の別の形態を( 弱い力の対称性破壊によって )結合した電磁エネルギーの非対称単一粒子に変換し、原子物質を生成することがある。 原子質は、光の自由で無質量の空間的(そして時代を超越した)形の代替、境界、巨大、時間的(歴史的に)保存された化身である。 物質では、光の生のエネルギーは質量と運動量として保存されます。 光の対称性は電荷とスピンとして保存されます。 光の空間エントロピー駆動(固有運動)は、物質の時間エントロピー駆動(固有運動)として保存される。 光の空間的連続性は歴史的因果関係として保存されている。 重力は、光の空間エントロピー領域を物質の時間エントロピー領域に変換し、逆もまた同様である( 重力は空間から時間を生成し、逆もまた同様である )。エネルギー保存、対称保存、エントロピー、因果関係/情報は、「四面体モデル」の4つの原則保存パラメータであり、4つの物理的力の統一場理論の基礎となる自然法則または物理法則の基礎を構成する。 ( 「統一場理論の「四面体モデル」」を参照)。

この論文では、4つの物理的力の間の関係を、特にノエザーの対称性保存定理の統一マントルの下での対称関係に重点を置いて探求します: 「物質の電荷は対称の光の借金です」。 物質の粒子は電荷として光の対称性の負債を負う。 これらの電荷は、非対称な巨大な物質系を自発的に対称的な質量のない原点に光として(粒子 – 抗粒子消滅、自由エネルギーに結合した様々な天体物理過程(星、超新星、クエーサーなど)ホーキングのブラックホールの「量子放射輝度」、場合によっては「陽子崩壊」さえも含む)。 「情報」と炭素原子 、生命と無生物の宇宙とをつなぐリンク提供する 。 「与えられた」物理的定数は、「マルチバース」において起源と推定される。 宇宙の永続的な謎は物理学ではなく、生物学におけるものです。泥から人間にはどうすれば到達できますか? 周期表からベートーヴェンの第九交響曲まで? 銀河から哲学まで? ある形では、情報は最初から原子に入っていなければならず、最後には存在しない可能性があります。


1)ノエードの定理は、光のエネルギー以上の光の対称性の保存を必要とする。2)物質の電荷(とスピン)は光の対称負債です。

3)電荷/スピン保存は時間的かつ物質的な対称保存である。 代金は特定の対称性パラメータの重要な翻訳(表現)であり、返済を待つアクティブで不変の債務として(反物質による消滅によるものとして)時間をかけて保存することができます。

4)物質の電荷によって保持される光の対称性借金の不変性を維持し、(排出する)ことは、物理学の4つの力の場ベクトルの役割である。

5)電荷の不変性の維持(対称性保全のサービスにおける)は、軍隊の局所的な行動を理解するための鍵である(「ローカルゲージ対称電流」)。

4つの軍の対称債務は、その徴収によって保存されているように、a)電磁力:電荷。 物質のみの非対称性 – 宇宙の半分に一致する反物質は完全に欠けている。 この巨大な非対称性は、私たちの全体の宇宙を特徴づけるもので、広大な次元の非対称性を含んでいます:(対称光の宇宙における)2-Dまたは3-Dの対称宇宙と4-Dの非対称の宇宙の時間(物質の宇宙の時間と重力の非対称) 左利きのニュートリノの非対称性は、反物質が存在しないため、別の普遍的な非対称性である。

反対の電荷が誘引され、物質 – 反物質消滅反応を引き起こし、それによって物質系を元の光対称性に戻す。

b)重力:「場所」の充電。 光のエネルギー(「自由電磁エネルギー」)と、局所エネルギー、不動エネルギー、分布していない質量エネルギー(「結合電磁エネルギー」)の「非局所的」分布対称性(光の「間隔」はゼロ、質量の「間隔」陽性です)。 「位置」電荷の能動的な原理は時間であるため、重力位置電荷(Gm)は、束縛エネルギーのエントロピー駆動(時間の内在的な次元運動)と対称負債(4次元の時空座標位置任意の形態の結合エネルギーの量および密度を含む質量)である。

c1)強い力:バリオンレベル、カラーチャージ、グルーオンフィールド。 Gluonsはお互いを引き付ける。 全量子電荷単位対クォークの分数電荷(電荷保存を介した対称性保存、サブ基本クォークの永続的閉じ込めをもたらす)。 分数電荷は電荷保存の量子力学的メカニズムを脅かす(「漸近の自由」とleptoquarkの色電荷の消失を招く – すべての組み合わせで色 – 色彩の電荷で構成されるグルーオン場は当然十分にゼロになる圧縮されます。)

c2)強い力:核レベル、フレーバーチャージ、中間子場。 陽子と中性子( “核子”、 “イソスフィン対称性”、湯川核結合場 – 中性子と陽子間の仮想中間子の交換)の化合物核配置への最小結合エネルギー解。 「最小限の束縛エネルギー」=「核化学」の原理による対称性の保存と、星や超新星における重元素の核合成。

d)弱い力:「アイデンティティ」(「数字」)のチャージ(「フレーバー」とも呼ばれる)。 基本的なレプトン粒子対「匿名」光子の区別がつきます。 レプトン素粒子は、光子の「匿名性」対称性を破る(すべての光子は、似ていて互いに区別できない、「匿名性」の対称性)。 ニュートリノは、宇宙の「情報」パラメータの始まりである「フレーバー」の区別とスピンによって、基本的なレプトニック粒子とその適切な反物質消滅パートナーを識別する「裸の」アイデンティティチャージを運ぶ。 クォークの質量場が「ビッグバン」の間の物質 – 反物質粒子対の原始対称性を破ることを可能にするためには、代替の電荷担体(レプトン、ニュートリノ、中間子)が必要であるが、十分ではない。

原始対称破壊は、おそらく、「X」IVBによって媒介される電気的に中性の爬虫類の非対称な弱い力の減衰によって起こる。 Higgsボゾンは弱い力のIVB(おそらく3家族)の質量を測定し、それは順に単体粒子の弱い力の創造、破壊、変形​​を制御する。 IVBsは、 “W”、 “Z” IVB族の電気的時代のように、これらの粒子が最初に作られたビッグバンの原始的な力 – 統一時代のエネルギー密度を再構成する。 今日作成された単一の素粒子は、「ビッグバン」で作成された素粒子とまったく同じでなければならず、弱い力の複雑で大規模なメカニズムを説明します。

6)力の場ベクトルは、平坦メトリクス(「速度c」)における光、空間、絶対運動の全体的に保存された対称パラメータを変換するローカルゲージ対称「電流」として働き、反りのある相対運動における局所的に保存された対称パラメータ物質/物質、歴史、因果関係、電荷/スピン、情報の測定基準。 電荷、磁力、および反物質消滅の場ベクトルとしての役割を果たす光子は、この機能の原型である。 電磁定数「c」は、時空間メトリック、因果関係、および「間隔」、電荷の値、および質量と自由エネルギーの間のエネルギー的等価性(h v = mcc)を測定する。
7)重力は、電磁定数cによって測定された絶対運動および質量のない光のグローバル空間メトリックを、重力定数Gによって測定されるように、相対運動および大質量物質の局所的な空間メトリックに変換する。

8)重力は、物質の対称性の負債にエントロピーの「関心」を払い、空間の消滅と計量的に同等の時間的な残余の抽出によって時間を作り出し、宇宙空間の拡大を減速させる。 逆に、自由エネルギーへの重力変換(星、超新星、クエーサー、ホーキングのブラックホールの量子放射)は物質の対称性負債に「原理」を与え、対称性とエントロピーのすべての負債を放出し、最近観察されたように、宇宙の総質量とそれに関連する重力エネルギーを減らすことによって、宇宙膨張が起こる。 物質の歴史的領域(歴史的な時空 – 物質の因果関係情報「マトリックス」の保存領域)の拡大は、宇宙の純粋に空間的な拡張によって資金提供され、それを置き換えます。 ブラックホールは、総重力変換の例であり、空間とそのエントロピー電磁気メトリックを時間と負のエントロピーの重力メトリックで完全に置き換えるものです。

9)時間と重力は、物質の因果情報行列の保存領域である歴史的な時空を作り、無限にお互いを誘発する。 重力場は、時間の本質的な動きの空間的帰結である。

10)私たちの太陽と星の輝きは、対称性を保全した「回路」を完成させました。 太陽の重力が光に変換されると、太陽の重力場は減少する。 ホーキングの「量子放射輝度」によってブラックホールの質量が完全に光に変換されると、ホールの重力場も同様に消滅し、対称性の保全の役割が最終的に達成されたことが示されます。

11)重力は、宇宙の光の「非局所的」分布対称性、質量、物質、または束縛されたエネルギーの不動、集中、したがって分布していないエネルギー量によって破壊される対称性に応答して生じる(物質は)固有の空間運動)。 重力の「位置」の充電の有効な原理は時間です。 時間と重力は物質の不動エネルギー含量の4次元位置、量、密度を特定する。 重力の「位置」の電荷は、それがエントロピー電荷であるという点で独特であり、内因性の次元運動を伴う電荷である。 重力は、空間の絶滅のない時間的次元を創出し、時間的に同等な時間的残余を抽出する。 時間は、時間の内在的な動きが宇宙を歴史的な領域に引きずり込むように、時間は重力を創出する。 空間は、1次元および一方向のタイムラインへの点のような入り口で自己消滅し、別の一時的な残差を作り出し、再び消滅した空間のメトリックに相当する。 新しい一時的な残余物は、より多くの重力を作り出す、より多くの空間に沿って引っ張って、歴史に移ります。

12)重力は、自由かつ結合した電磁気エネルギーの保存要件を同時に満たすことができるグローバルな空間メトリック(「c」によって測定される)に課された局所的な時空間メトリック(「G」によって測定される)を作成する。 Spacetimeは、宇宙ドラマが現在展開されている次元エントロピー/保存段階、すなわち重力のエネルギー(宇宙のエントロピー拡大から借りられたエネルギー)によってもたらされるネガティブエントロピーの場になる。 重力は、宇宙空間の拡大の減速によって資金提供される時間の創造によって物質の対称性の負債にエントロピーの関心を払う。 コスモスに課せられた質問は次のとおりです。粒子は、保存された対称電荷を使って、個々にまたは集合的に、反物質パートナーが存在しない場合でも対称的な波形(光)に戻ることができますか? 元の粒子 – 反粒子対に含まれている情報の半分がこの魔法の変換を達成するのに十分であるか? 答えはイエスですが、明示的時間の追加的な次元と2つのモード、すなわち集合プロセス(恒星とブラックホールの自由エネルギーへの結合の重力変換)と個々のプロセス(陽子崩壊)の場合のみです。 両方とも、同じ結果、粒子と結合エネルギーの光への完全な変換に到達します。 その一方で、一種のサブプロットや「遊びの中で遊ぶ」として、物質情報システムで物質のシステムを表現または再構成しようとする電磁情報経路が生まれる(生命、生物学)。その原初状態の対称性と結合性の記憶を記憶する。 個人の「アイデンティティ」と人間の抽象的な情報システムの開発は、情報経路のフラクタルアルゴリズムさえ含めて、宗教的、芸術的、心理的、直感的で合理的な用語で、原始的で非生物的な物理的起源を再現し、再考する。 (参照: “情報ラダー” )。


ポストスクリプト

「インテリジェントデザイン」の問題に関しては、「人工原則」に対応したグローバルな「マルチバス」の最近のコンセプトは、宇宙物理の「特別なバランス」や「絶妙な調整」の問題を完全に満足のいくように解決する定数。 この見解によれば、我々は自然界の物理定数が私たちの生命体の進化発展に有利なように、偶然だけで調整されている、おそらく無限に多くの実現可能性の、その特別な地域宇宙に生息していることを自然に発見する。 これは、私たちの宇宙の特有の特性についての完全に合理的な説明ですが、実際には「第一の原因」または「創造者」の存在については何も言いません。 その問題は単にすべての対称的な「Multiverse」のレベルに戻されます。 進化の問題に関しては、それは単に自然選択によって駆動される負のエントロピーの生物学的形態であり、事実、機械的、および比重の重力または化学的なものである。 (参照:「 ニュートンとダーウィン:宇宙の生命の進化と豊かさ 」

情報

信じられないほど複雑で洗練された意識的な生物情報システムへの原子の持ち出しである生命の奇跡は、創造性の新しいモードや新しい形態の美しさを探求することを含め、宇宙が自己認識して経験する手段であるようです。 重力の逆エントロピー領域、人類の経験と宇宙の重要性の中で時間を経て生まれる生物学的情報経路の意味は、私が他の論文(「 The Information Pathway 」参照) “Chardin:情報化時代の預言者” ); ” 人間の条件 “; 「 死後の人生はありますか? 」)。 人間の経験の意義と意味については、私の父親の本「トランス、アート、創造性」も参照してください。

「情報」の存在の物理的な理由(原初的には料金の形で存在する)は、物質を元の対称的なエネルギー状態に戻すための合法的な道筋を提供することである。 この同じ情報は、宇宙論的な時間に、私たちが地球上で知っている生命体に精巧になっています。太陽系の例に従って物質を光に戻して、自然の力を普遍的に推進する共通の原因を作り出しています。 ですから、私たちが自分たちを少しずつ吹き飛ばすと、私たちはいつも宇宙そのものによってそれに追い込まれたと言うことができます! 生命は、宇宙に自己認識と経験、複数の新しい進化経路、そしてその存在のための完全に満足できる理論的根拠を提供します。 なぜ何もないのではないか? だから人生があるかもしれない! 何らかの形の生活を支えることができる唯一の宇宙は、創造に必要なエネルギーの莫大な支出を正当化することができます。

参考文献

ビケンシュタイン、JDブラックホールとエントロピー。

Physical Review D 、1973、7(8)、2333-46。

Brewer、JWおよびMK Smith、eds。

Emmy Noether:彼女の人生と仕事に対するトリビュート 。

M. Dekker、New York、1981,180 + x pp。+ 10プレート。

シャルダン、ピエール・デイハード: 人間の現象。

フランス語:Editions du Seuil、Paris、 1955 ;

英語:Harper and Row、New York、1959

閉じる、フランク: ルシファーの遺産 。

Oxford Univ Press。

Cronin、JW CP対称性違反:その起源の検索。

Science 1981,212,1221-8(Nobel講演)。

Gowan、JC(Sr.) 1975 。

“トランス、アート、創造性”

グリーン、B .エレガントな宇宙 。

WW Norton&Co. 1999、448 + xiii pp。

グリーン、B. 宇宙の生地 。

AA Knoph、2004,569 + xii pp。

グロス、DJとF.ウィルチェク。

1973年 。

非アベルゲージ理論の紫外線挙動非アベルゲージ理論の紫外挙動。

Phys。

Lett.Rev。30:1343。

Gross、Politzer、Wilczek: 科学: 2004年 10月15日号。

306ページ400:「クォーク理論の方程式を欺いた3人のローレル。

ホーキング、ブラックホールによるSW粒子生成。

Communications in Mathematical Physics 1975、43(3)、199-220。

Lederman、Leon with Dick Teresi: 神の粒子 。

マリナーブック。

Lederman、Leon、Christopher Hill: 対称性 。

Promethus Books。

Lovelock、JE Gaia。

地球上の人生を見直す

1979年。オックスフォード大学出版。

Neuenschwander、Dwight E. Emmyノエザーのワンダフル定理 。

Johns Hopkins University Press。

Oerter、Robert: ほぼすべての理論。

ペンギン(プルーム)2006。

Pais、Abraham 1986. 物理的な世界における物質と力の内向きの束縛。

Oxford University Press、NY

Politzer、HD。

1973年 。

Phys。

Lett.Rev。

30:1346。

Resnick、Robert: 特殊相対性理論の紹介

John Wiley and Sons、Inc.

スチュアート、イアン。

“なぜ美容は真実か”。

2007年 、基本書

Trefil、James: 創造の瞬間

Macmillian(Collier)1983。

Weinberg、S .最初の3分間 。

バンタム。

1977、177 + x pp。

Frank、Wilczek

存在の明るさ 。

基本的な本。

 


 

四面体モデルの図

 


力とエネルギー状態の表(単純表1)
4物理力—> 電磁気 重力 強い 弱い
以下:コメント 
エネルギー状態行:
強制
自由エネルギー、光: 
電磁 
放射線; スペース; 
対称形; 
仮想粒子; 
対称破壊; 
 
“ビッグ・バン”); 
(負債を負う)。 
空間エネルギーフォーム; 
(行1)
E 
N
E 
R
G
Y

 

S 
T 
A
T 
E 
S 

ライト:E = h v (プランク); 
イントリンシックモーションc;
すべての料金= 0; 
対称エネルギー 
(「速度c」は自由である 
エネルギーのエントロピー駆動
対称ゲージ)。 
不変の 
“速度c” 
スペース; 
保全/エントロピー 
光の領域。 
ライトの “Interval” = 0; 
空間メトリック。 
メトリック対称性、 
慣性対称性; 
メトリック曲率= 0 
(「非局所」エネルギー)
小学生 
パーティクル 
(骨折したレプトン); 
クォーク; 
粒子- 
反粒子対; 
Leptoquarks; 
粒子の対称性
小粒子; 
レプトン; 
ニュートリノ; 
粒子- 
反粒子ペア; 
ヒッグス(質量ゲージ); 
中級 
ベクターボソン 
(IVB); 
対称破り
結合エネルギー: 
問題。 歴史; 
非対称形; 
実際の粒子 
(行1の結果 
対称破壊); 
生のエネルギー 
保全; 
(頭金)、 
“今払う”; 
時間的エネルギーフォーム; 
(行2)
質量: 
E = mcc; v = mcc; 
(Einstein-deBroglie); 
物質、運動量; 
非対称 
縛られたエネルギー; 
料金> 0; 
因果関係; 
時間、歴史; 
保全/エントロピー 
情報のドメイン; 
質量間隔> 0; 
メートル法非対称; 
時間、重力; 
(「ローカル」エネルギー)
(「固有運動T」は 
束縛されたエネルギー 
エントロピー駆動)
マスキャリアー; 
バリオンズ、 
メソンズ、 
核子; 
原子核; 
(要素)
オルタナティブ 
電荷キャリア; 
レプトン、 
ニュートリノ: 
電子殻; 
(原子)
料金: 
量子化された 
対称債務 
(粒子によって運ばれる 
行2の)。 
対称性(電荷) 
保全; 
(モーゲージ、クレジット) 
“後払い”; 
時間対称形式; 
対称キャリアー; 
(行3)
電荷: 
非対称: 
紛失した反物質( 
“偉大な非対称性”): 
磁気、 
量子力学、 
電荷不変性 
重力の負担: 
“場所”料金。 
“位置”非対称性、 
時間エントロピー; 
Spacetime Metric; 
時間; 
保全/エントロピー 
無料のドメイン 
縛られたエネルギー; 
(「G」はエントロピー 
変換ゲージ) 

部分料金: 
カラーチャージ; 
(分数電荷 
非対称); 
“漸近 
自由”; 
フレーバーチャージ 
(最小結合エネルギー、 
Nucleon “isospin”); 
「湯川結束」 
(中間子)

 


“アイデンティティ”料金: 
ニュートリノは 
“裸の”アイデンティティチャージ。
(”匿名” 
アシンメトリー – 
識別可能な 
初等 
粒子); 
ニュートリノパリティ; 
非対称 
弱い力の減衰
フォースキャリア、 
フィールドベクトル、ボソン: 
(料金によって生成される 
行3の) 
(対称性復元 
変換を介して 
自由エネルギーに束縛されている)。 
(債務を返済する)。 
一時的保存 
サイクル。 
(行4)
光子; 
発熱 
化学反応; 
物質 – 反物質 
消滅反応
Gravitons: 
星、 
超新星、 
クエーサー、 
ブラックホール; 
「量子放射」 
重力 
変換 
ミス・トゥ・ライト
メソンズ、グルーオンズ:
融合、 
Nucleosynthesis; 
陽子崩壊
中級 
ベクターボソン 
(IVB:W、Z、X); 
レプトン崩壊、 
核分裂、 
放射能; 
パーティクル 
陽子崩壊
John A. GowanとAugust T. Jaccaci May、2014 email:jag8@cornell.edu(or)johngowan@earthlink.net 

移動: 「統一場理論の対称原理:その1」 
移動: 「統一場理論の対称原理:第2部」 
移動: 「統合フィールド理論の簡単な表、合理的なモード」 
ホームページ(page 1)
ホームページ(2ページ)
電子書籍

No Comments

    Leave a reply